投稿者おたま
カテゴリーフード・飲食店

天神屋全店で黒はんメンチを販売

黒はんぺんをアレンジ 「黒はんメンチ」販売 天神屋全店で 学生、試行錯誤3年|あなたの静岡新聞

黒はんぺんをアレンジ 「黒はんメンチ」販売 天神屋全店で 学生、試行錯誤3年

静岡市清水区の東海大静岡キャンパスの学生が22日、静岡県内3企業の協力で開発した「黒はんメンチ」の販売を開始した。特産の黒はんぺんを材料に、より多くの人に食べてもらえるようメンチカツにアレンジした一品。約3年にわたる試行錯誤を経て商品化した。

学生たちは同大の教育活動「商品開発プロジェクト」の一環として、魚離れが進む食生活に一石を投じようと考案した。練り製品製造の丸又(焼津市)や水産加工品販売のショクザイ(静岡市駿河区)とともに商品を研究し、弁当・総菜販売の天神屋(同区)の協力で県内全27店での販売を実現した。

※HPより抜粋

黒はんぺん好きなら食べたくなる♪

私黒はんぺん大好きなんです。
新聞でこの記事を見て食べたくなりました~
この後早速天神屋さんにいってみたいと思います。
静岡の学生さんたちも地域活性のため色々努力されてるんですね。


 ×