投稿者おたま
カテゴリー映画

劇場版アニメ情報

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

劇場版アニメの現状

先日「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の興行収入が100億円突破との記事を目にしました。
昨年(今でも公開中ですがw)の「劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」が400億円突破のニュースもあり、今やアニメは映画館にとってなくてはならないコンテンツとなっています。

毎月様々なアニメが公開中

劇場版アニメは2つに大きく分かれます。
ひとつはテレビアニメを引き継ぐ形の物です。「鬼滅の刃」「エヴァンゲリオン」共にテレビアニメを引き継いでいます。
ただ「エヴァンゲリオン」に関しては20年以上前にテレビ放送を終えていて劇場版は途中からオリジナル作品となっています。
「鬼滅の刃」はテレビ版が制作中なのでまだまだブームは続くでしょう。

もうひとつは劇場版オリジナルアニメです。
「スタジオジブリ」のアニメは原則劇場版オリジナル作品です。興行収入300億円オーバーの「千と千尋の神隠し」は劇場版だけのオリジナル作品です。
「新海誠」監督、興行収入250億円オーバーの「君の名は。」や「天気の子」もそうですね。

監督の力も大きい「エヴァンゲリオン」

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」が多くのアニメファンから支持された理由の一つに「庵野秀明」総監督の存在があるでしょう。
「庵野秀明」総監督あっての「エヴァンゲリオン」であり、監督交代などがあればブーイングは必至です。
「庵野秀明」総監督は“「いま自分が作るアニメーションでやれることは大体やったかな。いまやれる技術はようやくできたかな。あれもできないこれもできないということが結構あったけど、今回ほとんどできたかなと思います”と語っています。ほとんどというところが少し引っかかりますがw
ただ本人は終わったと言っているのでもう続編は無いかと思いますが、また気が変わったら新作を作って欲しいですね。
「MOVIX清水」や「シネシティザート」をはじめ静岡県内の映画館10か所で公開中です。
できたら「シト新生」「Air/まごころを、君に」「:序」「:破」「:Q」と見てから「:||」を見るとより一層楽しめると思います。

大スクリーンと充実の音響施設でテレビと違う楽しみ方ができる

劇場版アニメはサブカルチャーのひとつとして定着していますよね。
大画面でみるアニメはテレビと違って迫力満点です。
ぜひ足を運んでみてください。


 ×